ダイエット無料情報ダウンロードはこちらです

2007年05月06日

ストライプはエルコンドルパサーの再来か?

今日のNHKマイルの最も注目する馬は、
シャドウストライプである。
8枠16番。
デビュー以来、ダートでぶっぎりの3連勝。
まるで、エルコンドルパサーの再来かと思うほどだ。
芝も問題なくて、名手安藤(勝)が、手綱を握る。
馬券、16から幅広く勝負したい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070506-00000002-nks-horse参考記事
ダノンムローとともにシャドウストライプをG1戦に送り出す加藤征師の言葉には実感がこもっていた。「やっとここまで来たね」。その言葉通りデビュー前から綿密に練られたスケジュールに沿って大舞台に立つ。デビュー戦は昨年12月阪神のダート1400メートルの新馬戦だった。成長途上の若駒には負担が大きい芝のレースを避けダート戦を選択。さらに輸送のデメリットがありながら阪神競馬に出走したのは、中山競馬は1200メートルと1800メートル戦しかないため。距離適性を測るには必ずしも適当な距離ではないからだ。ストライプは期待通りに新馬戦を快勝すると、500万、特別と3連勝した。ダートとはいえ無傷のV3はなかなかできる芸当ではない。
 そして初の芝となった前走のニュージーランドT。6着だったが終始、外、外を回る距離ロスと約2カ月半ぶりの一番というのが敗因。それでも直線で鋭い脚を使って追いこんでおり収穫は十分。G1奪取へメドを立てた。この中間はハードメニューが課され芝向きの馬体へと鍛え直された。1週前は併せ馬で追われたため最終追い切りは単走にとどめられたが、筋肉の1本、1本が浮き上がって見えるほど絞り込まれ万全の仕上がり。パワー優先のダート仕様から芝仕様へとモデルチェンジも完ぺきだ。
 レースを経験しながら力をつけ賞金を加算。そして芝へ路線変更しタイトル奪取−。加藤征師が描いた青写真に狂いは見られない。
posted by 伝説の馬券師 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ミスバリダイエットとお好み焼きダイエット有効活用方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。