ダイエット無料情報ダウンロードはこちらです

2007年04月22日

ワイルドワンダー快勝でダートの星になるか

22日、京都競馬場で行われたアンタレスSで
好位を追走して抜け出して優勝したワイルドワンダー
久保田調教師に開業以来の重賞初制覇をもたらした。
何かこの馬にはスター性を感じる。
混沌としたダート界の中心的な存在になれるか
今後注目だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070422-00000011-kiba-horse参考記事
22日、京都競馬場で行われたアンタレスS(4歳上、GIII・ダート1800m)は、岩田康誠騎手騎乗の3番人気ワイルドワンダー(牡5、栗東・久保田貴士厩舎)が、中団追走から直線で抜け出し、2番人気キクノアローに2.1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分49秒9(良)。さらに3馬身差の3着には1番人気メイショウトウコンが入った。

 勝ったワイルドワンダーは、父ブライアンズタイム、母がJRA6勝のワルツダンサー(その父サンデーサイレンス)という血統。04年7月にデビューし、2戦目(東京・ダート1400m)で初勝利を挙げるとその後もダート戦線で活躍。前走のコーラルSなど2度のオープン勝ちがあり、今回が2連勝での重賞初制覇となった。通算成績15戦7勝(重賞1勝)。

 鞍上の岩田康誠騎手は、ディアデラノビアで制した京都牝馬S(GIII)に続くJRA重賞制覇で今年3勝目(通算8勝目)。管理する久保田貴士調教師は02年の開業以来、初のJRA重賞制覇となった。

posted by 伝説の馬券師 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

三日で90万(笑)
Excerpt: 少し前までドウ○イだったのに、今ではセッ○スで生活してます(笑)
Weblog: たけちゃん
Tracked: 2007-06-04 04:39
ミスバリダイエットとお好み焼きダイエット有効活用方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。